小売業、飲食業はぜひベストプラクティスを真似てください

小売業、飲食業の経営戦略をお手伝いしている中で、

 

よく提案するのが、「3C分析」です。

 

経営戦略の基礎の基礎、最初に出てくるフレームですが、

 

意外と自社でこの3C分析を丁寧に実施している人は少ないのではないでしょうか。

 

 

 

 

ただし、メーカーやWeb系のサービス業などは

 

非常に具体的に3C分析を行い、経営戦略に活かしています。

 

特に「顧客」と「競合」についてのリサーチは徹底しており、

 

顧客像の想像だけでなく、グループインタビューやアンケート、購買データ分析などで、

 

よりセグメント分けされたペルソナを立てて、顧客をイメージしていますし、

 

競合調査に関しては、産業スパイを送り込むほど、命を懸けて3C分析をしています。

 

 

 

 

shutterstock_68504593

 

 

 

 

では、小売業、飲食業でそこまで3C分析を実施している企業はありますでしょうか。

 

小売業、飲食業はお客さんとして競合店を利用できるにもかかわらず、

 

競合の価格帯や顧客層、コスト構造など、細かいところまで全くリサーチできていません。

 

ぜひ、小売業、飲食業でも3C分析を徹底してください。

 

 

 

 

タリーズコーヒーを創業した松田公太さんは

 

スターバックスコーヒーで修業し、競合のイロハを勉強しましたし、

 

業界最大手のテイクアンドギヴ・ニーズ社を創業された野尻さんも

 

プランドゥーシー社でノウハウを溜めこみました。

 

 

 

 

特に大した問題ではありません、

 

ひ業界のノウハウを蓄積し、どんどん改良していくことで、

 

次の小売業、飲食業を創造できると考えます。

 

 

 

estimate優良な賃料減額コンサルの活用事例一覧

 

 

estimateその他のコスト削減

 

 

 

 

カテゴリー:その他(思ったことを徒然に…)