日々の関係性構築が重要

賃料交渉する際は賃貸人と賃借人との関係性が重要な要素として関係してきます。

 

 

 

 

例えば、賃貸借開始から何の連絡もない賃借人から、

 

いきなり「賃料減額して欲しい」という相談を受ける場合と、

 

常日頃から関係性を構築している賃借人から、「賃料減額して欲しい」という相談を受ける場合。

 

どちらの方が減額成功の確率が高いかは、一目瞭然かと思います。

 

 

 

 

20140930_02

 

 

 

 

例えば、飲食業や小売店などの業態であれば、

 

店長から賃貸人に対して着任の挨拶や年始の挨拶などをする。

 

お中元やお歳暮として、

 

店舗の割引券や店舗で使用できる金券などを送ることも、比較的よく行われています。

 

 

 

 

賃貸人は店舗の近くにお住まいであることも多いですので、

 

店舗のヘビーユーザーになっていただく可能性も十分あります。

 

また、店舗ではなく事務所だとしても、年賀状や暑中見舞いの送付などを行って

 

関係性を構築しておくことが、賃料交渉する際に非常に有利に働きます。

 

 

 

 

賃貸人に対してどのような対応をするのが最良なのか、

 

一度賃料コスト削減ナビの運営事務局にご相談ください

 

賃料減額に詳しいスタッフが丁寧にお答えいたします。

 

 

 

 

estimate賃料減額コンサル会社を利用するメリット

 

 

estimate 賃料減額で注意すべきこと

 

 

 

 

カテゴリー:賃料コスト削減ナビについて,賃料減額・賃料交渉ノウハウ