法律事務所の副業、賃料交渉代行者

最近弁護士が賃料交渉業に参入してきているケースが増えています。

 

賃料交渉は賃貸借契約書についての交渉を指すことが多いため、

 

非弁行為に当たるとする見解を述べる弁護士さんも一定数おられます。

 

 

 

 

とは言え、一度も裁判にもなっておりませんし、

 

非弁行為で訴えられたこともないため、特に問題はないのですが、

 

それを盾に弁護士の特権だとのことでビジネスをされておられます。

 

 

 

 

shutterstock_99172223

 

 

 

 

ただし、弁護士が果たして交渉が上手かと言いますと、

 

法定での論理的な交渉は得意としても、

 

人の心が通う交渉に関しては、賃料減額業者の方が長けている。

 

と感じております。

 

 

 

 

また、弁護士会の非弁委員会の見解としては、

 

価格交渉ならば非弁行為に当たらず、契約の細かい部分を

 

交渉するならば弁護士を立てるべきとの判断をされておられました。

 

 

 

 

気になる方は最寄りの弁護士(できれば企業弁護士)に

 

ご相談されてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

estimate賃料減額の正当性

 

 

estimate賃料減額コンサル会社の選び方

 

 

 

 

カテゴリー:賃料減額コンサルティング会社