交渉はまず、相手を知ることから。

賃料交渉だけに限ったことではありませんが、

 

交渉は相手があってのことです。

 

相手がどんな人かわからないと交渉は成功しません。

 

また、トラブルの元にもなりかねません。

 

 

 

 

どんな人か調べることがどれほど重要なことかは、

 

多くのコンサルティング会社の間でも共通した認識です。

 

知っているか知らないかで大きく減額に影響を及ぼします。

 

 

 

 

・どんな人なのか?

 

・個人?法人?

 

・他に不動産は持っているのか?

 

・過去にどのような話をしてきたのか?

 

 

 

 

など、知らないで交渉を行い、

 

逆にオーナーとトラブルになったという話を耳にすることが多々あります。

 

これ以上の交渉は難しいでしょう。

 

 

 

 

shutterstock_71827519

 

 

 

 

交渉の仕方、伝える内容、伝え方を変える必要があり、

 

いくつも引き出しを持っていることで

 

さまざまなシチュエーションに対応が可能になります。

 

 

 

成功する交渉をするために準備段階がいくつもある中で、

 

まずは相手をよく知ることをお勧めいたします。

 

この点をしっかり抑えることから始めましょう。

 

 

 

 

どう対応してよいかわからない場合など、

 

一度賃料コスト削減ナビの運営事務局にご相談ください。

 

賃料減額に詳しいスタッフが丁寧にお答えいたします。

 

 

 

 

estimate賃料減額交渉ノウハウ(準備編)

 

estimate 賃料減額で注意すべきこと

 

 

 

 

カテゴリー:賃料減額・賃料交渉ノウハウ