大家さん、地主さんとの関係性を大切にするからこその交渉

最近、飲食店の企業様からよく言われるのが、

 

「建物のオーナーさんと仲良くやっているので、関係性を崩したくない」

 

「賃料交渉をしてぎくしゃくしたくない」といったお話です。

 

 

 

 

日本人は「交渉」と言うと強硬に意見を通そうとする行為に見えるのか、

 

関係を悪化させると勘違いされるケースがあります。

 

 

 

 

確かに一方的な要望を投げかけることは、関係を悪化させることになります。

 

賃料交渉はそういった方法ではなく、

 

あくまでも大家さん、地主さんの意見を聞きながら、

 

協力的なコミュニケーションをしながら、賃料の値下げを依頼するものです。

 

 

 

 

時には論理的に筋の通った理由を説明し、

 

納得いただくような交渉の進め方をします。

 

 

 

shutterstock_97347020

 

 

 

 

あくまでも交渉はスキルですので、簡単にまねできるものではありません。

 

 

 

 

交渉に長けた人が自社におられるなら自社で賃料交渉をされるべきと思いますが、

 

そういった「信頼関係を築きながら価格をさげてもらう交渉」は

 

難しくもありますので、思い切って専門家にご依頼ください。

 

 

 

 

estimate賃料減額で注意すべきこと

 

 

estimate賃料減額コンサル会社を利用するメリット

 

 

 

 

カテゴリー:賃料減額・賃料交渉ノウハウ